■商品画像の有効性
現在、一般消費者・企業間および、企業・企業間における商品取引には商品情報は必須のものです。 たとえば一般消費者と小売業間で取引を行う購買場面でも生産履歴(トレサビリティ)、自然環境 問題(エコロジィ)の情報開示においても、また企業が仕入れ商品の計画立案し、商品の発注から入荷、検品、在庫、売上といった一連のビジネスフローとさらに売れ筋に応じた仕入れ商品計画立案への反映というマーチャンダイジングサイクルの中で情報の作成・伝達、情報管理の遂行上に、商品の現物が目前にないケースにおいては鮮度の高い電子的な商品情報が要求される。 この場合、商品そのものをイメージさせることのできる商品画像情報は付加価値の高い情報に位置付けられる。
インターネットの普及によりマルチメディアシステムが容易に導入できるようになった今日において、各企業、また消費者が同一サービスレベルの商品画像を得られることはオープンなネットワークを利用した(EC,EDI)のキーポイントになる。

■国際化(GCI/GS1)への対応
経済産業省が提唱する『流通・物流システムの革新』でも、国際標準化への対応・商品マスターの同期化と現在の業界エクストラ型商品DBの見直しも図られております。 情報インフラは業種・業界や国の枠を越えた情報共有化の方向にあります。
弊社は商品情報のスペック部分の他、基本的な商品説明や画像も、一定の基準があるべきだと考えます。 企業内においてもブランドや商品ごとの表現がまとまりがない現状hへの改善を提案させていただきます。

株式会社ディー・メック
〒104-0031
東京都中央区京橋3-9-7
京橋ポイントビル6階
tel:03-6263-0340
fax:03-6263-0341